岩瀬投手にありがとうの感謝をこめて
―中日スポーツ岩瀬投手引退記念特集制作プロジェクト―

クラウドファンディングプロジェクト:岩瀬投手にありがとうの感謝をこめて―中日スポーツ岩瀬投手引退記念特集制作プロジェクト―
実施確定
  • 残り時間
  • 売れたチケット数
    103
  • 集まっている金額
    ¥529,500
17%
目標金額 ¥3,000,000
このプロジェクトは実行確約型です。
ドラゴンズの黄金期を支え続けた竜の守護神・岩瀬仁紀投手。マウンドに君臨するその鉄腕ぶりは多くのファンの目に焼き付いています。デビュー戦、1アウトもとれず降板したという悔しい思いが反骨心となり、名球会入りを果たすまでの成績を残した岩瀬投手。ドラ党はその活躍によって数々のいい思いをさせていただきました。感謝してもしきれません。そこで具体的な感謝の一つの方法として、中日スポーツの紙面で岩瀬投手の引退記念特集の掲載を考えました。その中で皆さんとともに岩瀬投手にありがとうのメッセージを伝えます。
    • 岩瀬投手にありがとうを伝えたい!

    • いつだってマウンドに立ち続けた鉄腕・岩瀬投手。
      ドラゴンズのため、たゆまぬ努力と反骨心で、勝利にどれだけ貢献してくれたか。
      その偉大さは私たちが一番よく知っています。
      クールな外面からは想像できないほどの熱い熱い想いを持った男。
      そんな岩瀬投手にありがとうを直接伝えたい。
      ですが、それがとても難しいことであるのはわかっています。
      そこで、中日スポーツというドラゴンズを応援する新聞を介してお礼を言いたいと思います。

      「岩瀬投手 夢と感動、勇気をありがとう」
    • リターンについて

    • リターンは、中日スポーツ・岩瀬投手引退記念特集紙面へのお名前の掲載の他、岩瀬投手引退記念フェイスタオル(本企画限定品)、岩瀬投手引退記念Tシャツ(本企画限定品)、岩瀬投手引退記念ビガータオル(本企画限定品)、2019年オープン戦(ナゴヤドーム開催試合)のチケット引換券をご用意しております。詳細は以下をご覧ください。
      各リターンの組み合わせごとに、A、B、C、Dの各コースをご用意いたしましたので、ご希望のコースを選択の上、ご購入ください。
    • 中日スポーツ・岩瀬投手引退記念特集紙面へのお名前を掲載(※紙面画像はイメージ)

    • 2019年3月に掲載予定の中日スポーツ・岩瀬投手引退記念特集紙面へお名前を掲載します。
      ※紙面画像はイメージです。
      ※紙面のサイズは変更の可能性があります。
      ※掲載日の指定はできません。
      ※購入手続きは、購入→利用確定の2段階になっております。利用確定時に、掲載する方のお名前(本名)、岩瀬投手へのメッセージなどをご入力いただきます。必ず、購入後に利用確定まで行ってください。メッセージについては事務局で選考のうえ、数名様のメッセージを紙面掲載させていただきます。
      ※参加費に新聞代は含まれておりません。掲載紙が必要な方は、お近くの中日新聞販売店、コンビニ等でお求めください。新聞購入については、以下、中日新聞社ホームページでもご案内しております。
    • 中日新聞社ホームページ(新聞購入のご案内)はこちら
    • 岩瀬投手引退記念フェイスタオル & Tシャツ(※画像はデザイン案)

    • 岩瀬投手引退記念フェイスタオル、岩瀬投手引退記念Tシャツを本企画限定品としてご用意しました。
      ※画像はデザイン案です。

      【岩瀬投手引退記念フェイスタオル】
      サイズ:約34×85cm
      素材:綿100%

      【岩瀬投手引退記念Tシャツ】
      サイズ:フリーのみ
      着丈約73cm/身幅約55cm/肩幅約50cm/袖丈約22cm
      素材:綿100%
    • 岩瀬投手引退記念ビガータオル

    • 岩瀬投手引退記念ビガータオルを本企画限定品としてご用意しました。

      ※岩瀬投手のビガータオルには岩瀬投手のサインを印刷予定です。
      ※デザインは変更になる場合があります。
      (12月10日追記)

      【岩瀬投手引退記念ビガータオル】
      サイズ:約75×200cm
      素材:綿100%
    • 2019年オープン戦(ナゴヤドーム開催試合)のチケット引換券

    • 2019年のオープン戦(ナゴヤドーム開催試合)のチケット引換券をご用意しております。
      ※対象の試合は後日決定いたします。決定次第当HPにて追記いたします。
      ※観戦日・座席の指定はできません。
    • 【岩瀬投手ヒストリー】

    • ※中日ドラゴンズ公式サイト・岩瀬仁紀投手引退特設サイトから

      岩瀬投手は98年のドラフト会議で2位指名を受け入団、99年4月2日の開幕戦(対広島戦)でプロ初登板、開幕投手を務めた川上憲伸投手に代わり二番手としてマウンドへ上がります。
      大抜擢となりましたが6回表2死、1点リードと緊迫した展開での登板となり、デビュー戦は1死も取れず逆転を許して降板という結果に。
      しかし、その後も登板の機会を与えられた岩瀬投手は、起用の期待に応え1年目から65試合に登板し10勝2敗1セーブの成績を残し、最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得します。

      2年目以降も勝ちパターンでのリリーフで登板、抑えとして活躍した99年の宣銅烈投手、エディ・ギャラード投手(2000年~03年)、大塚晶文投手(03年)らへつなぐセットアッパーの中心的存在として活躍し、3度(99年、2000年、03年)の最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得。
      04年から抑えに転向し22セーブを挙げると、05年には46セーブで最多セーブのタイトルを獲得、06年、09年、10年、12年と5度のセーブ王に輝きます。

      絶対的な抑え投手に君臨し10年6月16日の日本ハム戦で通算250セーブを達成しますが、岩瀬投手の記録更新はまだまだ続きます。

      11年6月16日のソフトバンク戦でプロ野球新記録となる通算287セーブ、13年9月18日の巨人戦で通算382セーブとし、佐々木主浩氏が持つ日米通算セーブ数を超え日本人投手最多セーブを更新、2014年7月26日の巨人戦でプロ野球史上初の通算400セーブの大記録を達成します。

      抑えに転向後の04年から11年連続20セーブを挙げるなど、セーブの記録を更新し続ける一方、ルーキーイヤーから15年連続で50試合に登板するなど登板数の記録も更新、17年7月21日の広島戦で金田正一氏の持つ944登板を抜いてセ・リーグ歴代1位となると、8月4日の巨人戦で米田哲也氏のプロ野球記録に並ぶ949試合登板を達成、8月6日の巨人戦では950試合登板を達成し日本記録を樹立。そして18年9月28日、前人未到の1000試合登板を達成、また翌29日は同じく今季での引退を決めた浅尾拓也投手のラスト登板となり、最後の登板を終えた浅尾投手から岩瀬投手への継投、かつての黄金リレーの再現ともなりました。

      通算成績1002試合登板、59勝51敗82ホールド、407セーブ、セーブ数、登板数の記録を更新し続けてきた鉄腕、岩瀬投手にもついに引退の時が訪れ、20年の現役生活にピリオドを打ちました。
    • 岩瀬仁紀投手特設サイトはこちら

プロジェクトオーナーのプロフィール

Fa692eba1cca30544684a0a92a3a399f25ff4dc9

中スポ引退記念特集事務局(中日NEXT)

弱くてもドラゴンズは大好き。でも、できればクライマックスシリーズ、日本シリーズをナゴヤドームで応援したい。ドラファン誰もがおもう願いであります。数年前のあの時代よ甦れ。強竜時代よ再び。 その時代の中心選手だった岩瀬投手が引退をされました。悲しい限りですが、ファンとして岩瀬投手に今までもらった夢・感動・勇気に感謝するものを送りたいと今回のプロジェクトを立ち上げました。多くの皆さんの参加をお待ちします。
お問い合わせ
販売チケット

販売チケット一覧

特定商取引法に基づく表示

    販売業者
    株式会社中日新聞社

    所在地
    愛知県名古屋市中区三の丸一丁目6番1号

    電話
    052-221-1023(お問い合わせはフォームのみで受け付けております)

    販売責任者
    後藤基夫

    販売価格
    各プロジェクトページの「チケット代金」をご覧ください。価格は税込です。

    商品代金以外に必要な料金
    なし

    お支払い方法
    クレジットカード(VISA/Master)によりお支払いいただけます。

    お支払い時期
    【目標達成型】
    プロジェクトが成立した時に決済が行われます。すでに成立しているプロジェクトのチケット購入をした場合は、購入時に決済します。
    プロジェクトが目標金額に達しなかった場合、不成立となり、決済はされません。
    【実行確約型】
    チケット購入時に決済します。

    商品(チケット記載内容)のお引渡し時期
    商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。

    キャンセルの可否と条件
    【目標達成型】
    プロジェクトが未成立の場合に限り、中日新聞社所定の手続に従ってキャンセルすることが出来ます。ただし、プロジェクトの募集期間終了まで残り8日未満の場合はキャンセルできません。
    【実行確約型】
    キャンセルはできません。
    目標達成型、実行確約型を問わず決済完了後の返金は一切できません。